Webエンジニアになるなら学校へ

学校に通ってWebエンジニアになろう!

Webエンジニアとして活躍するための必須スキルを知る

必須のスキルを身につけよう

Webエンジニアの必須スキル

Webエンジニアもエンジニアである以上不可欠な基礎知識として、プログラミングに関する知識をある程度備えておく必要があります。具体的には、開発現場で使用されるプログラミング言語について他人が書いたコードを読むことができなければなりませんし、それを自分なりに書き換えたりあるいはその不具合の原因をみつけることができるだけの知識はどのような現場であっても最低限求めらるものでしょう。エンジニアの場合単独で仕事を完成させる場合もありますが、プロジェクトという形で他のエンジニアや専門家と共同して作業を進めることも少なくないのであり、独り善がりは許されません。
そしてWebに特化したエンジニアであるという点に置いて、サーバーに関する知識としてまずはOSのインストールやApacheの設定、そして言語モジュールのインストールができるというのは当然の前提になります。その上で管理者であればルーティン業務の一つである、離れた場所からサーバーを遠隔操作するための必須のツール、すなわちコマンドであるsshを利用して安全に遠隔操作を行うことができることなどが求められます。更にログメッセージをIPネットワーク上で転送する標準規格であり、またクライアント/サーバー型プロトコルであるシスログ(syslog)に関し、その不具合の検知調査をしたり設定を細かく変更することができるようであればなお良いでしょう。
またWebエンジニアに意外に不足しがちな知識として、サーバーの基本構成に関する知識は重要です。まずはIPアドレスの割り振りや複数サーバーにおけるバランシング構成、そしてクラサバ構成に関する知識を深めておきましょう。

業界の知識も重要

そしてWebエンジニアと一括りにされるものの、具体的な開発現場であるクライアントの業界は金融や不動産、あるいはEC、ゲームといったように様々であるため、その業界に関する知識を習得しておくことは重要です。また例えば決済なのかマーケティングなのかアフェリエイト、あるいはメディアコンテンツなのかなど、求められる開発のジャンルに関する理解も大切です。

ドキュメント

なおエンジニアの中にはドキュメントを軽視する傾向のある人もいるようですが、いくら専門的なスキルや知識を高める努力を払っていても自分自身の作業記録を作成したことが無いというのでは片手落ちと言えるでしょう。Webエンジニアとしてある程度現場を仕切って行くことも考えるのであれば、仕様書や提案資料などを作成するということも決して疎かにすることはできないものです。

Webエンジニアになるなら学校へ NEWS

成長のための心構えとは
成長のための心構えとは
ネット関連の法律を押さえよう
ネット関連の法律を押さえよう
自分の裁量で働こう
自分の裁量で働こう