Webエンジニアになるなら学校へ

学校に通ってWebエンジニアになろう!

Webエンジニアの技術を学校で学ぶべき理由

学校に行くべき理由とは

学校に通うメリット

一昔前では考えられなかったことですが、誰もが手元のタブレットやスマホからいつでも気軽にネットワークにアクセスできて様々な便利なサービスを受けられる昨今では、プログラミングなどといったIT技術も素人でもその気になれば触れるぐらい身近なものになっています。書店には様々なIT関連の書籍が所狭しと並んでいますし、更にネットワーク上には膨大な情報が溢れており最新の情報も瞬時に手に入る世の中です。そのような中で、Webエンジニアを育てるための学校では、例えばHTMLやCSS、またPhotoshop、Illustrator、Flashなどの他、Webデザインやマーケティング、あるいはJavaScriptやPHPといった具合に、現場で必要とされるであろう様々な内容をしっかりと基礎から学ぶことができるようにそれぞれ独自にカリキュラムを組んでいます。
しかしここで敢えて学校に通うメリットを挙げるならば、多彩ながら同じ志を持つ人と机を並べて一緒に学習することにより人脈を広げることができるという点が大きいでしょう。同じように頑張る仲間と疑問や悩みを語り合ったり励まし合ったりしながら一定の時期を過ごすということは、卒業後にそれぞれの道に進んで離れ離れになってしまっても何かと情報交換できるなど、貴重な財産になるものです。
また売り手市場を背景に学校が就職や転職の支援をしていたり、インターンシップ制度のある場合も少なくありません。実際の就職や転職事情はそれぞれの学校によって異なるところでしょうが、即戦力を期待する企業の要望に応えられるような人材の輩出は学校にとっても重要なカギとなっていると言えます。

結果は自分次第

もちろん必ずしもこのような学校に通わなければWebエンジニアになれないというわけではありませんが、独学で企業が現場で求めるスキルや知識を一から身に付けるということは、情報の収集という面においても大変なことです。その点、業界の変遷や内情にも詳しい学校の用意するカリキュラムに乗ることで無駄なく無理なく基礎を身に付けることができるのは、やはりWebエンジニアになるための近道といえるでしょう。もっとも至れり尽くせりという学校における環境が、逆に受け身の姿勢を生徒に習慣付けることになってしまい自ら学ぶ姿勢を忘れてしまいがちな点は否めません。どのような環境を選ぶにせよ結局は自分次第なのであり、自分に学ぶ姿勢と続ける意思さえあれば結果は自ずと付いて来るものなのです。

Webエンジニアになるなら学校へ NEWS

成長のための心構えとは
成長のための心構えとは
ネット関連の法律を押さえよう
ネット関連の法律を押さえよう
自分の裁量で働こう
自分の裁量で働こう