Webエンジニアになるなら学校へ

学校に通ってWebエンジニアになろう!

Webエンジニアの技術は学校で学ぶ

学校で技術を学ぼう

Webエンジニアになるための近道は学校に通うことです。現在は様々な学習方法がありますが、学校に通うことには多くのメリットがあります。ぜひ学校へ行って頂きたい理由についてご紹介します。また、いざ学校に通うことを決断したとしてもどこにしようか悩むことは少なくありません。そこで学校選びに使える情報もご紹介しています。とはいえ、学校に通うには金銭的にも時間的にも難しいという人もいるでしょうから、その他の学習方法についても触れています。

学校に行くべき理由とは

学校に行くべき理由とは

売り手市場のWebエンジニアを育てようと、専門の学校では独自にカリキュラムを組み様々な内容を基礎から学ぶことができるように工夫しています。もちろん学校に通う以外にも学習方法はありますが、一緒に机を並べる仲間との人脈は貴重であり後々になって何かと役に立つという大きなメリットがあります。もっとも学校に通うことで自主性が損なわれる面があるかもしれませんが、どのような選択をするにせよ要は自分次第なのです。詳細はこちら

講師の熱意で選ぼう

講師の熱意で選ぼう

Webエンジニアになるために学校に通うことは必須ではありませんが、体系的な知識をより効率的に習得するためには学校へ通うという選択をする価値があると言えます。もちろんそれぞれの学校によって特色もありカリキュラムや講師の質などが異なるため、支払う費用に見合うだけの効果があるかどうかをよく吟味する必要があります。特に講師の熱意は生徒のやる気を引き出すものですが、実務との兼業である場合も少なくないため注意が必要です。詳細はこちら

資格にも挑戦しよう

資格にも挑戦しよう

Webエンジニアにとって、仕事をするための必須資格というものはありません。むしろ机上の知識よりも現場で身をもって知ることのできる実務経験が重視されるのが通常です。しかしこのようなスキルや知識は客観的な評価が難しいものです。そこで最近は、例えば国家資格の「情報処理技術者試験」や「Oracle Certified Java Programmer」などの資格が一定の実力の証明となる場面が人事考課や転職において見受けられるようになっています。 詳細はこちら

その他の学び方は?

その他の学び方は?

学校以外にもWebエンジニアに求められる知識やスキルを身に付けるための学習方法はいくつもあります。例えば動画サイトや、ゲーム形式でプログラミングなどが無料あるいは低価格で学習できるようなサイトを利用するという手もあります。また内容や質は様々ですが、Web上の学習コンテンツも無料で利用できる場合が多いようです。あるいは書店に並ぶ本を買って独学するという方法もあります。更に勉強会やイベントに参加するというのも良いかもしれません。詳細はこちら

Webエンジニアになるなら学校へ NEWS

成長のための心構えとは
成長のための心構えとは
ネット関連の法律を押さえよう
ネット関連の法律を押さえよう
自分の裁量で働こう
自分の裁量で働こう