Webエンジニアになるなら学校へ

学校に通ってWebエンジニアになろう!

Webエンジニアとして独立するのに向いている性格は?

向いている性格とは

フリーランスに向く性格

保守的と言われる日本においても、これまでの一億総サラリーマン時代から働き方が多様化する傾向が見られます。その理由は、会社の倒産やリストラ、あるいは就職氷河期などやむを得ない場合もありますが、特にIT業界では欧米流の成果主義が比較的馴染みやすいなど、転職にあまり抵抗がなく自分自身の価値観やキャリアップのために敢えて挑戦するという姿勢も見られるのが特徴です。
しかし更に一歩進んで、会社を離れてフリーランスになり自分と家族の食い扶持を稼ぐということは、例えば基本的には営業も契約交渉も自分自身で行わなければならず、また多くの場合は自己完結型の業務内容になるといったように会社勤めとは全く異なる環境なのであり、従って誰もがフリーランス向きというわけではありません。

孤独に強い

フリーランスになって仕事をすると会社勤めのような同僚や上司という存在がありません。依頼される仕事の内容にもよりますが、自宅で一人黙々と仕事をして完成させることができる場合には、誰とも一言も喋らずに一日が終わってしまうということも決して珍しくはないのです。何気なしにたまたま近くにいる人と会話を交わしたり、ちょっと相談してみたりといった関係がなく、従って孤独感に苛まれてしまう場合もあるのです。
この点、チームプレーよりも独りでとことん夢中になって仕事ができるという孤独に強い性格の人の方がフリーランスに向いていると言えるでしょう。また失敗したり悩みがあっても、いつまでもそれを引きずることなく切り替えの早い人でなければストレスに押しつぶされてしまう恐れもあります。

頭を下げられる

フリーランスはいくら自分の実力が高くそれを誇っていても、クライアントに嫌われたり敬遠されてしまっては仕事の依頼が来なくなってしまいます。取引先とは良好な信頼関係を築くことが大切であり、時には頭を下げたりフットワークも軽く自ら動くことができなければ成り立たない面があります。また良くも悪くも自分次第であるというのがフリーランスの宿命であり、失敗もすべて自分が責任を負わなければなりません。腹立ち紛れに環境が悪い、他人が悪いと責任転嫁をしてみても何の意味も無いのであり、自分自身を冷静に客観的に見つめ反省すべき点は潔く反省することも大切です。

変化を求める

当然のことながらフリーランスは会社勤めのように一定の収入を約束されているわけではありません。そのため安定よりも変化を求め、負けず嫌いで自分の価値観というものをしっかりと持っている人の方がフリーランスには向いていると言えるでしょう。

Webエンジニアになるなら学校へ NEWS

成長のための心構えとは
成長のための心構えとは
ネット関連の法律を押さえよう
ネット関連の法律を押さえよう
自分の裁量で働こう
自分の裁量で働こう