Webエンジニアになるなら学校へ

学校に通ってWebエンジニアになろう!

学校でWebエンジニアの技術を学んだら独立して自分の裁量で働く

自分の裁量で働こう

裁量の自由

フリーランスになると、会社勤めとは異なり身分の保障が無くなります。会社という後ろ盾を失い、社会的な信用も低いというのが残念ながら避けようのない事実です。失業保険や労災保険など会社勤めであれば当然のごとく受けられる保障もなく、また仕事の依頼が無ければ収入も途絶えてしまいます。しかしこのような厳しさとフリーランスが手にすることのできる自由とは、表裏一体の関係にあります。
会社勤めであれば会社の命令は絶対であり、上司の指示にも従わなければなりません。定められた始業時間と終業時間を守り、就業場所として指定された場所で働かなければならないのであり、またIT業界に蔓延する連日の深夜にまで及ぶ残業や休日出勤も、雇われているが故にやむなく黙って耐えているというのが通常です。任される仕事も自分で勝手に選ぶことは許されず、従って自分が希望する仕事やポジションに就くことができるという保証はありません。自分自身はどれほど身を粉にして働いていても会社の業績が悪ければそれなりの収入で我慢せざるを得ませんし、今の時代勤め続けられれば御の字で、昇給昇進も叶えられるものかどうか心許ないところです。
その点フリーランスであれば自分の裁量で働くことができます。いつ仕事をするのかを決めるのは自分ですし、どのような仕事を選ぶのかを決めるのも自分です。自分の一番集中できる時間帯が深夜であれば誰に遠慮することもなく深夜に仕事をすれば良いのであり、その代り平日の昼間に空いたジムに通うのも、のんびりとランチするのも自由です。自宅で仕事をしているのであれば通勤ならぬ痛勤からも解放されますし、気に入ったカフェなどで気分を変えて仕事をすることも自由です。

リスクの分散

また会社勤めをしていても一昔前の景気の良い時期とは異なり、いつリストラや会社の倒産や身売りといった目に遭うとも限りません。会社勤めをしていればおいそれと副業をすることができないように就業規則で決められているものですし、副収入を得る手段を確保するということも現実には中々に難しいものです。
しかしフリーランスの場合には、そもそも一つのクライアントとだけ取引をするというのはリスクが高いと誰しも承知の上であるため、どれだけ軌道に乗っていても新規の顧客開拓を怠らないよう努力を続けることによってリスクを分散させているのが通常です。業務内容も、興味のある領域や将来性のありそうな分野にどんどん積極的に進出して実力を高めておくことによって、多彩な活躍の場を持つということも自分の選択次第で可能になるのです。

Webエンジニアになるなら学校へ NEWS

成長のための心構えとは
成長のための心構えとは
ネット関連の法律を押さえよう
ネット関連の法律を押さえよう
自分の裁量で働こう
自分の裁量で働こう