Webエンジニアになるなら学校へ

学校に通ってWebエンジニアになろう!

Webエンジニアになるなら独立も考えよう

独立も考えておこう

Webエンジニアとしてのキャリアを目指すなら、その先に独立することも考えておいても良いのではないでしょうか。エンジニアの世界は実力主義ですから、スキルと経験を積み重ねればフリーランスとして独立することも夢ではありません。どのような人がフリーランスに向いていてどのようなメリットがあるのかご紹介します。フリーランスになって、一番最初に困ることは営業活動です。仕事が無ければ収入が無くなるわけですから死活問題です。そこで、活用できるサービスについてもご紹介します。

自分の裁量で働こう

自分の裁量で働こう

フリーランスには身分の保障が無い代わりに自由が手に入ります。会社勤めの身であれば、身分の安定と引き換えに会社の命令には絶対服従で、給与が安くても長時間労働でも文句を言えないところを、フリーランスであればこそ自分自身の自由な裁量で働くことができるのです。また正社員として会社に雇われていればその会社が潰れれば次の仕事を探さなければなりませんが、フリーランスは取引先を複数確保してリスクを分散することができます。詳細はこちら

向いている性格とは

向いている性格とは

バブル景気の崩壊後はサラリーマンが気楽な稼業とは言えなくなり、環境の変化に応じて働き方が多様化しつつある中でフリーランスになる人とは、変化を求める冒険家であり自分なりの価値観のある人でしょう。通常は一人で仕事が完結してしまうことから孤独に強く、またあまりくよくよせず切り替えの早い人の方がフリーランス向きと言えます。人付き合いも仕事の内で、他人に頭を下げられる器量とすべて自分が責任を負う覚悟も必要です。詳細はこちら

エージェントが便利な理由とは

エージェントが便利な理由とは

フリーランスになれば否応なく営業活動に精を出して仕事を獲得しなければなりませんが、そのような本業以外の業務をプロが肩代わりしてくれるというのがエージェントを活用するメリットです。エージェントによっては、長年培った独自の信頼関係から直請けの高単価案件や大手プロジェクトへの参画など、個々のフリーランスでは難しい希望も叶えられることがありますし、更に案件紹介だけではなく空白期間を生まない工夫などきめ細やかなサポートも魅力です。詳細はこちら

ネット関連の法律を押さえよう

ネット関連の法律を押さえよう

Webエンジニアは、今や世界中で様々なサービスの提供が行われているWebに特化したエンジニアであり、Webに関連する法律知識を備えて間違いのない仕事をする必要があります。例えば、近年意識の高まっている個人情報の取り扱いに関しては個人情報保護法が定められており、また様々な著作物等の利用には著作権法上の保護が及ぶ場合があります。あるいはネットショッピングであれば特定商取引法という消費者保護のための法律の適用が及びます。詳細はこちら

Webエンジニアになるなら学校へ NEWS

成長のための心構えとは
成長のための心構えとは
ネット関連の法律を押さえよう
ネット関連の法律を押さえよう
自分の裁量で働こう
自分の裁量で働こう